Loading

〇筍と若芽、焼き豆腐の味噌汁

今日の山はどうなのか、海の手柄はどのくらい?
集う収穫、並べて見れば、こいつは何とも旨そうだ!
みんなで分け合う嬉しいごちそう、筍、若芽に焼き豆腐の味噌汁!

  • ★2人分の材料です。
  • 茹でタケノコ‥‥‥40g
  • 塩蔵ワカメ‥‥‥10g
  • 焼き豆腐‥‥‥80g
  • だし汁‥‥‥300ml
  • ゴマ油‥‥‥大さじ2
  • (a)しょう油‥‥‥大さじ1
  • (a)酒‥‥‥大さじ1
  • 味噌‥‥‥大さじ1.5弱
  • ショウガ‥‥‥1片(1片は、親指の1関節分程度)
  • 木の芽‥‥‥2枚
  1. 塩蔵ワカメは、水洗いして塩を落とし、水に浸して軽く戻してから、食べやすく切る。
    焼き豆腐とタケノコは、食べやすく切っておく。
    ショウガは、摺り下ろしておく。
  2. 小鍋を火にかけてゴマ油をひき、タケノコと焼き豆腐を炒めて(a)を加えて下味を付け、だし汁を入れて煮立たせる。
  3. 沸騰してきたら、味噌を溶き入れてワカメを加え、仕上げにおろしショウガを加えたら、火からおろす。
  4. お椀に、タケノコ、ワカメ、焼き豆腐をバランスよく盛り、汁を注ぐ。
    木の芽をあしらう。

●スーパーで、年中見かけている・・・ワカメさんなんですが。

 実は、3~6月にかけてが旬だそう(!)
 そして何でもワカメさんというお方は、11月頃に発芽をされるのだそうで、だからこそ初夏の頃に大人になられるんだとか★ ( ̄_ ̄ i)

 そしてやはり若い方(!)が、そこは・・・味が良いからだとの事で、この時期に水揚げをされるんだそうでございます。 👀
 保存用に加工されたモノ(今回の塩蔵ワカメなど★)の他にも、時期になると、水揚げされたばかりの「生ワカメ」さんというのも、スーパーにはあるんですが★

 熟女よりも、少女の方がそこはやはり・・・麗しいと言いたいところなのですが(!)
 その代わりに「生ワカメさん」って、ちょっと冷蔵庫に置いとくと、トロトロにとろけてしまうので、気が付いたら残念!という確率も高いのです。 (>_<)

●さて今回のレシピでは。

 時期の生ワカメさんやタケノコさんが手に入れば、それはそれでもちろん良いのですが。
 ・・・タケノコさんって、種類によって大きさもまちまちですよね(!)
 ご家族揃っておられる方なら良いのでしょうけれど。
 少人数だと、なかなか手に入れるには・・・勇気のいるアイテムだったりもしますよね★ 😅💦

 なので、もし「旬の時期のモノ」が手に入らなくても楽しめるように・・・と今回は、茹でタケノコに塩蔵ワカメでのレシピで、清水先生が原案を作って下さいました♡
 逆もまた真なりで、どの季節でも楽しめるお味噌汁に仕上がっているので、それはそれで良いかな・・・と私こと山野亜紀的には思った次第です。 (^_^)/

●さて、まずはタケノコさんにワカメさんのご紹介です!

 どちらも、古来より日本人に愛されていて、親しまれているお方たちですよね♡
 そして双方共に「食物繊維の宝庫!」ですから、腸内をキレイにして下さいますし、免疫力も上げて下さいます♡ (〃∇〃)

 またワカメさんには、フコイダンというヌメリ成分が含まれているので、ピロリ菌から胃を守っても下さいますし、胃病予防やら、がん細胞の増殖抑制効果に期待ができます(!)
 そしてタケノコさんには、骨の発育やら代謝アップに、そして抗酸化作用があるマンガンが含まれていますから、この方々とは何とも頼もしいお方達ではないのでしょうか・・・。

 またタケノコさんの旨味成分には、アミノ酸のチロシンが多く、このお方が新陳代謝アップや脳の活性化にも・・・役立って下さるのです☆

●今回のレシピで、山野さん的な工夫なんですが。 

 どうしても「タケノコが水煮」だと、味わいが薄く感じられてしまうような気が私はしたので、焼き豆腐と共に下味を付けてみました(!)
 その代わりに仕上げは、ゴマ油がちょっとくどいかな・・・という感があったので、ショウガを擦り入れて、爽やかさも出してみました♡

 タケノコさんとワカメさんは双方、共にカロリーは低え目ですし、そこへちょっと食感のある豆料理、焼き豆腐さんが入っていますから、十分に食べ応えもあります☆ (^-^) 
 また焼き豆腐さんといえば、ビタミン、ミネラル、大豆イソフラボンにアミノ酸ですっ!

 なんとも、食物繊維もたっぷりの汁物に仕上がってくれました♡
 とにもかくにも歯応え、そして食感が楽しめて、身体にしみじみ。
 じんわりと、染み入るお味噌汁です♡
 ぜひぜひ、お試し下さいませ。 (^_^)/

 ※こちらも、よければご参考まで。
 ※☆「春はタケノコ、苺に桜鯛(?)付き合い長いね、日本人」~卯月の旬(2014年4月)

 (2018.5.21 文責・山野亜紀)
 (料理原案/清水紀子 調理盛付/山野亜紀)


 〇2018年5月のお膳

〇新茶めしと、新茶の佃煮

〇カツオの刺身・2種の変りダレ

関連記事

  1. 〇ローストチキン

    2013.12.01
  2. 〇松茸の土瓶蒸し

    2017.09.01
  3. 〇カブの浅漬け

    2017.10.07
  4. 〇長いもの浅漬け

    2014.11.01
  5. 〇ごまだれ

    2017.07.17
  6. 〇太刀魚の香味蒸し

    2014.08.01
PAGE TOP